英語が第一選択肢。

 

2017.09.11

 

デンマークに戻ってきた。

旅はいいねホント。

いいこと。悪いこと。含めいろんなことがある。

人との出会いも多い。

ほとんどホステル泊(複数人部屋)だったから、

いろんな国の人に会った。

 

旅をして思ったのは

やっぱり英語は言葉の第一選択肢なんだなと。

僕も拙い英語だが、僕よりも話せない人たちも多かった。

でも彼らも僕と会話しようとするとき、

頑張って英語で話す。

僕も頑張って英語で話す。

 

みんな自然と第一選択肢が英語なのだ。

 

いかに世界で英語というものの優先順位が高いことがわかる。

この前読んだ本の中にこんな一文があった

 

「アメリカ人はプラットフォームを作るがうまい。

そんなアメリカ人が作った最大の発明が、

英語を世界の第一言語にしたこと。」

 

てのがあった。

まさにその通りである。

みんなとりあえず英語。

という自動選択が頭の中で起こっているのである。

 

それがいいか悪いかはわからないが、

とりあえず。で、僕は英語を勉強している。

 

 – Today’s Language – 
priority・・・・優先順位




SaveSave

SaveSave

英語で日記を書くよ。

 

英語学習にとても有効的な方法として

色々なところでよく紹介されいるのが、

日記を書くである。(もちろん英語で)

 

影響されやすい僕は迷わずはじめてみた。英語日記。

 

とはいえもともと日記を書く習慣がなかった僕。

というかそもそもあまりこういう毎日決まったことをするのが極端に苦手な僕。

色々視覚的なものに心とテンションが作用されてしまう僕。

 

なのでまず日記を書くツールがとても重要になってくる。

長く続けたくなる、見た目がイイ感じツールを見つけよう。

 

そしてまずは最初の分かれ道。

手書きにするか、デジタルにするか、、、、

 

それは迷わずデジタルをチョイス。

現代っ子なので。

 

色々日記やメモアプリを調べて、

そして実際いくつか使ってみて

僕が最終的に使っているのが、

はい。

EVERNOTE

です。

多分ほとんどの人が知っているであろうとても有名なメモアプリ。

無料で使えます。

機能や容量を増やしたければ、有料にアップグレードもできる。

 

僕がこれを選んだ最大のポイントが、

インターフェイスが圧倒的にシンプルな点。

無駄な機能があまりなく、ただ文字を打ち込むのに特化している。

なのでとてもスッキリしているデザイン。

 

パソコンにアプリとしてインストールする場合と、

Web上でオンラインアクセスしても使えるけど、

オンラインの方がデザインがいい!!

上の画像はオンライン上のもの。

 

僕はmac使ってるんだけど、どうもアプリのUIが少し古く、

見た目が大事な僕のテンションを上げてはくれない。

ちなみにiPhoneのアプリの方はオンラインのデザインに近いので、

イイ感じである。

なのでだいたいオンラインで使うか、iphoneのアプリで書いてる。

瞬時に同期もされるので、ありがたい。

便利な世の中になったもんだ。

 

あとデフォルトのフォントがGothamという

僕の好きなフォントの一つが使われているのも

僕の心をだいぶ後押ししている。

 

とても丸みが印象的なフォント。

 

 

そして名前に

Ever (いつも、常に)

が付いている。

 

いつも使える、使いたくなる、おしゃれなノート。

 

完璧だ。

僕にピッタリだ。

ずっとこれを使っていこう。

1日も休まずに。

 

 

 

最後に日記を書いたのは7月23日です。

 

 – Today’s Language – 
ever・・・・いつも、常に




SaveSave

SaveSave

SaveSave

SaveSave

SaveSave

ドイツ語:Hallo!

 

今はドイツ。

「ハロー」

ドイツでスーパーに行った時にレジのおばちゃんに言われた。

僕も返事で「Hello〜」と返す。

最初は僕が外国人だから、英語を使ってくれたんだー。

優しいおばちゃんだーと思っていたが、

ホテルで会う人、や街中でもハローを頻繁に聞いた。

ん?

あれ?

もしや

と思って調べてみたら、

ドイツ語でもこんにちはという意味でハローを使うらしい!!

 

でも英語のハローはHello、ドイツ語はHallo

スペルが若干違うだけで、

発音は日本人の僕の耳には全く同じに聞こえる。

 

ドイツ語でよく知られているこんにちはの挨拶は

Guten Tag / グーテンタグ

だが

普段はほとんど使われないらしい。

基本どの世代もHallo!

 

ドイツの8月は東京に比べるとかなり涼しいっす!

 

 – Today’s Language – 
Hallo・・・・こんにちは




SaveSave

SaveSave

クロアチア語:Da

 

今いろいろあって、

東欧を一人旅中。

 

ブルガリア

ルーマニア

セルビア

クロアチア

などなど

現地語は当たり前に全く聞き取れないが、

唯一、よく聞いた言葉。

耳に残った言葉。

それが

da : ダー

である。

意味は【はい・そう】

らしい。

 

日本人が何かを言われて、

「そーそーそーそれ!」

という感覚で

「ダーダーダー!」

と連発する。

 

これは本当によく聞いた。

街中歩くと必ず聞いた。

電話中はみんなダーダー。

クロアチアだけでなく、

セルビアやルーマニアでも。

 

セルビア語やルーマニア語と

言語は分かれているけど

これらの国は言語も近いんだろうと

このダーを聞いただけでわかる。

 

日本人が言うダーと

多分発音が近いから、

とても耳に残る。

 

とてもカワイイ響き。

 

 – Today’s Language – 
da・・・・はい




Hapa 英会話・参考にしたモノ[Blog編 vol.2 ]

 

僕がよく見ているブログ

Hapa 英会話

 

英会話講師Junさんの英語学習ブログ。

日米のハーフで、ロサンゼルスで生まれ育ったJunさん

でも日本語もペラペラ。

羨ましい、、、。

 

アメリカに英会話スクールを開校されいてる

みたい。

そしてブログだけでなく、

youtubeやpodcastでも英語学習を配信している

英語教育のプロ。

 

僕は最初ブログから入り、

youtube、podcastも聴くようになった。

これらのコンテンツは連動しているので、

youtubeで見たあと、より理解を深めたい場合は、

ブログを見るなど、とてもサポートが充実している印象。

 

 

僕がやはり重宝しているのが、

日本人だと理解しづらいフレーズや、その使い方などを

とてもわかりやすく解説してくれています!!

さすが先生!

どちらもわかりやすいが、

バイリンガールちかさんよりもよりアカデミックな感じ。

僕が疑問に思って検索してみたフレーズや

わからないニュアンスは、

なんだかんだJunさんのブログに行き着き、

そしてわかりやすく解説されている。

ので相当なフレーズや、用法を網羅されてる。はず。

そして初心者にもわかりやすい!

 

きっと優しい人なのである。

 

 – Today’s English – 
very useful・・・・重宝

academic・・・・学術的な




SaveSave

SaveSave

SaveSave