イーロン・マスクの名言からの学び。[夢を語ることの大切さ]

イーロン・マスクの画像偉人の名言

たぶん失敗するだろうと思ったけど、重要な事だからやることにした。

アメリカの実業家、イーロン・マスク

スペースエックステスラモーターズなど、テクノロジーを駆使した次世代企業を創業し、映画「アイアンマン」のモデルにもなりました。ツイッターでの発言も社会問題となるなど、現代で最も影響力があり言動が注目される実業家のひとりです。

今回はそんなイーロン・マスクの名言を紹介し、その言葉たちからの学びである「夢を語ることの大切さ」について考察しました。

イーロン・マスクとは?どんな人?

イーロン・マスクの名言からの学びのイラスト4
  • 10歳から独学でプログラミングを習得
  • アメリカの大学に進学し、3つの分野に注目
  • 弟との起業を成功させPayPalを創業
  • 現代から未来へ続く宇宙と自動車事業
10歳から独学でプログラミングを習得

イーロン・マスクは1971年に南アフリカのプエルトリコに生まれます。父親は南アフリカ人でエンジニアをしており、母親はカナダ人でモデルや栄養士としても働く多才な人で、70歳を過ぎた今でも現役でモデルを続けているようです。

幼少期から本を読むのが好きだったイーロンは、読書中は誰の呼びかけに対しても反応しないくらい本に集中し、あまりにも反応がないため両親はイーロンの耳が悪いのではないかと疑い、手術までしたほどだったといいます。

小さい頃から人と違う天才ぶりを発揮したイーロン。エンジニアであった父親の影響もあり、パソコンに親しむようになったのは10歳の時からでした。そしてプログラミングを独学し12歳の時には「Blaster」というシューティングゲームを開発し、コンピュータ雑誌に売却されるまでになります。

アメリカの大学に進学し、3つの分野に注目

イーロンが9歳の時に両親は離婚し、彼は弟と一緒に父親と暮らすことを選びます。そして17歳まで南アフリカで生活し、高校を卒業すると母親のいるカナダに移り住みます。

そしてカナダのクイーンズ大学に入学、その後アメリカのペンシルベニア大学に進み、経済学と物理学の学士号を取得します。この10代の時に、現在の事業に繋がる「インターネット」「クリーンエネルギー」「宇宙」の3つに深い関心を持ち、これらが今後人類に貢献する分野だと考えていました。

そして1995年、24歳で名門スタンフォード大学の大学院に入学しますが、わずか2日で退学します。この時は世界的大ヒットとなったWindows95が発売され、IT業界が大きく変化した年でもありました。

弟との起業を成功させPayPalを創業

そんな時代の流れもあり、イーロンは弟のキンバル・マスクと共に、Zip2という会社を設立します。この会社ではニューヨーク・タイムズなどの新聞社に街の旅行情報を提供するサービスをメインに展開し、後に会社はコンパニック社に3億ドルを超える金額で買収されるなどの成功を収めます。

その買収で得た資金をもとにイーロンはX.comを設立します。X.comでは電子メールで決済するサービスを行い、その1年後には同じような電子決済サービスを展開していたConfinity(ピーターティールらが創業)と合併し、社名もPayPalとなります。

PayPalのCEOとなったイーロンですが、事業方針をめぐり他の創業者と対立してしまいます。その後イーロンが旅行中に行われた取締役会でCEOを解雇されてしまいます

現代から未来へ続く宇宙と自動車事業

喧嘩別れのようにPayPalを離れたイーロンは、その時までに得た資金で次の事業に乗り出します。それが宇宙事業を行うSpaceXでした。「人類を火星に移住させる」という壮大な計画のもと、現在でもそのロケット開発が行われています。

また電気自動車会社のTESLAに出資すると、2008年には自身もCEOに就任し、「世界の自動車を電気自動車にする」という目標を掲げ、ソーラーパネルの開発事業にも力を入れます。

PayPalで「インターネット」、SpaceXで「宇宙」、TESLAで「クリーンエネルギー」と学生の頃に思い描いた未来を次々と実現していっているイーロン・マスク。現在もその大きな挑戦は続いています。

イーロン・マスクの名言

イーロン・マスクの名言からの学びのイラスト1

根拠のない恐怖は無視すべきです。しかし、その恐怖が合理的であり、冷静に考えて失敗する可能性が高い場合でも、それが挑戦に値することであれば、その恐怖をやり過ごして前に進むべきです。たとえ失敗したとしても、挑戦する価値はあります。

電気自動車のアイデア自体はかなり古くからあったのに、なぜ誰もつくらなかったのか。それはアイデアを実行することが、思いつくより難しいからです。

すでにあるものと比べず、基本的原理から発想するということは大事です。

素晴らしい製品も持たずに素晴らしい企業になろうとしている人々がいることに、いつも驚かされます。起業家にとって最も重要なのは、卓越した製品やサービスを生み出すのに集中することです。

「私たちは世界に役立つことをしている」。それが一番大事で、それこそが私のモットーです。

今やっていることが、本当に本質的にやるべきことなのか、流行に流されているだけではないか、ということを見極めることが非常に大切なのです。

目標を立てたら、それに到達するためのあらゆる問題解決法を考え取り組みます。リーダーや経営者にとって必要なものとは何でしょうか。私は、明るい未来を信じられる仕事を創ることだと思います。

言葉から見た、イーロン・マスクてこんな人!

イーロン・マスクの名言からの学びのイラスト3

大きな目標行動力に溢れた人

幼少期からプログラミングでシステム開発するなど天才ぶりを発揮し、若くして起業すると会社は成功。個人でも大金を手にするなどまさに成功者の道を歩いてきたように見えるイーロン・マスクですが、その裏には度重なる失敗もありました

PayPalがeBayに買収された時には100億を超える大金を手にし、それを元手に参入した宇宙や自動車事業では、それぞれに大きなゴールを持っていました

しかし当初のSpaseXはロケットを飛ばすも失敗が相次ぎ、また電気自動車のTESLAも赤字が続く日々でした。資金はすぐに無くなり、借金もふくらみ破産寸前だったと言いますが、ギリギリでNASAの仕事を受注しその危機を乗り越えます。

若くして成功と呼べる成果を得ながらも、挑戦し失敗するかもしれない道を選んだのは、彼が誰もなし得たことのない「火星移住」や「全世界の電気自動車化」などの大きな目標を持っていたからで、また同時にそんな壮大な夢を実行に移す、行動力も備えていた人でもありました。

それはイーロンの「電気自動車のアイデア自体はかなり古くからあったのに、なぜ誰もつくらなかったのか。それはアイデアを実行することが、思いつくより難しいからです。」という言葉からも感じることができます。

大きな目標と行動力に溢れた人。それがイーロン・マスクという人でした。

イーロン・マスクの名言からの学び。[夢を語ることの大切さ]

イーロン・マスクの名言からの学びのイラスト2

リーダーは覚悟を持ったビジョンを語る

今回のイーロン・マスクの名言で印象的だったのが「目標を立てたら、それに到達するためのあらゆる問題解決法を考え取り組みます。リーダーや経営者にとって必要なものとは何でしょうか。私は、明るい未来を信じられる仕事を創ることだと思います」という言葉でした。

若くして数々の成功を成し遂げたイーロン・マスク。その名前が広く知られるようになったのはPayPalの成功からでした。しかし、その当時は何人かいた共同創業者のひとりであり、また数多くいる若手起業家のひとり。という位置づけでしかありませんでした。

そこから宇宙や自動車業界に参入していくのですが、最初は多くの失敗を重ね、借金も背負うまでに行き詰まってしまいます。そんなリスクを負ったのも、彼が語った壮大な夢も少なからず影響していたのかもしれません。

しかし、そんなイーロンを救ったのも、その夢があったからでした。

その後、巨額の資金調達に成功し、事業も回復に転じることができましたが、それは彼の目指すものに、投資する人々の心が動かされたからでした。

「人類の火星移住」に「世界中に電気自動車の普及」実現困難なことに見えてもワクワクするような彼の目標を人々は応援したくなったのです。そしてそれを目指すリーダーには決して空論で終わらない強い決意が必要であり、そんな夢と強い思いに人が集まるのだと、今回のイーロン・マスクの言葉に触れて感じさせられました。

リーダーは覚悟を持ったビジョンを語る

リアルアイアンマン、イーロン・マスク の名言からそれを学びました。

今日の英語

Check !

vision・・・ビジョン

make up one’s mind・・・覚悟する

タイトルとURLをコピーしました