[イチロー]何かを成し遂げるためには考えや行動を一貫させる。

偉人の言葉

この前、イチロー選手が引退しました。

僕はずっとサッカーをやってきた人間なので、野球はあんまり詳しくないんだけど、

そんなにわかな僕でもイチローの存在は野球界で別格な印象を受けます。

数々の記録を打ち立て、塗り替えてきたイチロー。

僕が強く印象に残っているのがメジャーでシーズン最多安打を記録した時期。

あの頃は毎試合のようにヒット打ってニュースになってた記憶がある。

日本人がメジャーで活躍することもすごいのに、さらには記録まで更新してしまう。

すごすぎます。

この前、マリナーズが日本で開幕戦を行って、イチローも来日。

そこで引退という流れになりました。

イチローが引退するから日本での開幕戦が企画されてたわけじゃなく、

前々から決まってたみたいですね。(ニュースによると)

でもいろいろなタイミングが重なり、まさにレジェンドと言われるにふさわしい最期な感じを受けました。

というか45歳までプロでやれていることがすごい。。。

自分が同じ年齢になった時に、さらにそれを実感しそう。

イチローの言葉

何かを長期間、成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある。

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

イチロー選手が毎朝カレーを食べる話は有名ですよね。

それだけでなく、練習や試合に入る時も毎回決まった流れがあり、

それをルーンティーン化しているらしいです。

僕がイチローを一言で表現する、となった時に思い浮かべたのが、

日常普通というものでした。

イチローはすごいプレーを普通に当たり前のようにこなします。

それは常にそのプレーがイチローにとってスーパープレーではなく

普通にできるものになっているからで、

それができるのは日々の練習や野球に対する取り組み方なんだなと感じる。

高いレベルを普通にこなす。それを可能にする日常的な取り組み。

人は弱い生き物だ。

怠惰な部分は誰しもあると思います。

できるだけ短期間で、楽をして、最短距離で成功したい。

僕もそんなこと考えることあります。

もちろんそれが間違いだとも思わないし、最適な方法を探す、考えることはとても大事だと思う。

でもイチローや、他に成功している人に共通しているのが、

努力の量が桁違いということだ。

僕が思う努力とは辛い苦しいことをやることではなく、続けるということ。

本当に地味な作業を延々と続けられるか。

それは体力的な問題よりも精神的な領域だなと感じることが多いです。

常に目標に向かいひたむきに愚直に行動できるか。

だからイチローを見ていると思うのはキョロキョロ近道を探すんじゃなくて、

常に前に足を動かし前進するということ。前進するためにあらゆる思考をすること。

これが大切なんだなと感じます。

– Today’s Language – 

routine

日常

normal

普通

タイトルとURLをコピーしました