[マイケルジョーダン]ボールから手を放したら何も考えない。

偉人の言葉

自分の中で偉人ブームが続いている。。

今日もまた偉人の言葉。

僕が通っていた小学校にはミニバスのクラブチームがあって、

バスケルやってる子達はなんかかっこよく見えた。

その頃流行ってたのがジョーダンが履いてた靴。

なんかファッショナブルでイケてた。

だからバスケの選手はほとんど知らないけど、

マイケルジョーダンは自分の中でとても馴染み深い人。

マイケルジョーダンの言葉

ボールが手から離れたあとは、何もできないのだから。ボールを手から放したあとは、何も考える必要はない。

これを選んだのは自分の努力と、

他人や物事や、運に委ねる部分てあるなと最近感じたからだ。

自分のやったことがすべてだと思ってしまうと

とても苦しくなってしまうけど。

自分ができる精一杯をやったら

あとは自分から旅立ったものとして忘れた方が、

気が楽になって長続きする気がする。

でも名を残したどの偉人も

その精一杯の努力を人の何倍もしてきている。

– Today’s Language – 

comfortable

気楽に

タイトルとURLをコピーしました