スラムダンクの名言からの学び。[本当のチームワークとは]

スラムダンク 画像偉人の名言

天才ですから

バスケットボール漫画、スラムダンク

マイナーだったバスケを題材に選び、無謀と言われながらも大ヒットを記録した伝説的な漫画です。僕も大好きで多くの影響を受けました。

今回はそんなスラムダンクに登場する名言を紹介し、その言葉たちからの学びである「本当のチームワークとは」について考察します。

スラムダンクとは?

  • 漫画界のタブーとされたバスケットボール
  • 作者、井上雄彦
  • 31巻で3ヶ月間のストーリー
  • 終わらない熱
漫画界のタブーとされたバスケットボール

SLAM DUNK(スラムダンク)は1990年〜96年まで週間少年ジャンプで連載されたバスケットボール漫画です。

1990年代はスラムダンクの他にもドラゴンボール、幽遊白書、るろうに剣心、ジョジョの奇妙な冒険などなど・・・有名漫画が同時連載されている時代でもありました。

その中でスラムダンクは当時「売れない題材」とされていたバスケットを取上げ、逆境の中での連載スタートでした。しかし徐々に人気を獲得すると、バスケットボールブームの立役者となるなど社会的な影響を与えるようになっていきます。

シリーズの累計発行部数は1億7000万部を突破し、当時の単行本初版部数の最高記録である250万部を記録するなど、大ヒット漫画となりました。

作者、井上雄彦

そんなスラムダンクの作者が井上雄彦さんです。1988年に手塚賞に入選し漫画家デビューをはたすと、その2年後に描いたのがスラムダンクでした。

井上さんは高校からバスケットボールを始めると主将になるくらいまでバスケに打ち込み、自身にとって漫画の題材にバスケットを選んだことは自然の流れだったと語っています。

スラムダンクの連載が終了した後も、現在も連載中の宮本武蔵の半生を描いた「バガボンド」や車椅子バスケットを題材にした「リアル」などの話題作を生み出しています。

31巻で3ヶ月間のストーリー

スラムダンクの主人公は赤髪がトレードマークの桜木花道。不良だった桜木は湘北高校に入学すると、ひょんなことからバスケットボール部に入部します。

恵まれた身長と運動能力でみるみる上達していく桜木は、次第にバスケに魅了されていきます。個性豊かなチームメイトと共に弱小だった湘北高校は強豪校相手にも快進撃をみせ、全国大会出場を決めます

全国大会2回戦でインターハイ3連覇中の王者、山王工業高校と対戦します。王者を相手に20点差をつけられ、誰もが山王の勝利を疑わない中、湘北は死闘ともいえる戦いをみせます。そしてラスト数秒で桜木がシュートを決め、見事勝利を勝ち取りました。

しかし、この試合で力を出し尽くした湘北は3回戦でボロ負けすることとなります。最終巻の最後にインターハイ後のストーリーも描かれていますが、漫画のストーリーは桜木が高校に入学してから夏のインターハイまでの約3カ月間を描いています

終わらない熱

あまりにも潔く、劇的な終わり方だったスラムダンク。その後、井上さんに廃校になった校舎の黒板に「スラムダンク-あれから10日後-」を描き、展示を行いました。

公式サイトのみの告知にもかかわらず、3日で5000人以上の人が訪れ、スラムダンクの終わらない熱を感じさせるものとなりました。2009年にはこの黒板を複写したものが完全版として発売されています。

2006年に井上さんはスラムダンク奨学金を設立します。これはスラムダンクの印税から投資され、バッケットボールに取り組む高校生のために使われています。

スラムダンクの主な登場人物

桜木花道 アイコン
桜木花道
  • ポジションPF(パワーフォワード)
  • 身長189.2cm
  • 体重83kg
  • 背番号10

流川楓 アイコン
流川楓
  • ポジションSF(スモールフォワード)
  • 身長187cm
  • 体重75kg
  • 背番号11

ゴリ赤木 アイコン
赤木剛憲
  • ポジションC(センター)
  • 身長197cm
  • 体重93kg
  • 背番号4

宮城リョータ アイコン
宮城リョータ
  • ポジション PG(ポイントガード)
  • 身長168cm
  • 体重59kg
  • 背番号7

三井寿 アイコン
三井寿
  • ポジションSG(シューティングガード)
  • 身長184cm
  • 体重70kg
  • 背番号14

安西先生 アイコン
安西先生

湘北高校バスケ部の監督。温和で物静かなキャラクター。漫画内で登場する人物から絶大な支持と信頼を集める重鎮。

スタムダンクの名言

1巻/195p
1巻/195p

ダンクができようが何だろうが基本を知らん奴は試合になったら何にもできやしねーんだ!

3巻/129p
3巻/129p

リバウンドを制するものは試合を制す!

6巻/121p
6巻/121p

がんばればいつかきっといい思いができますよ。君達は強くなる・・

8巻/145p
8巻/145p

最後まで希望を捨てちゃいかん。あきらめたらそこで試合終了だよ

11巻/128p
11巻/128p

三井君・・・君がいてよかった・・・

14巻/142p
14巻/142p

自分一人が初心者という状況でそれでもなんとかしようと いつも彼なりに必死に考えながらやってるんですよ・・・

25巻/23p
25巻/23p

全国制覇を成し遂げたいのなら もはや何が起きようと揺らぐことのない 断固たる決意が必要なんだ!!

26巻/25p
26巻/25p

今の君はもう十分あの頃を越えているよ

27巻/147p
27巻/147p

私だけかね・・・?まだ勝てると思っているのは・・・

28巻/13p
28巻/13p

おめーらバスケかぶれの常識は俺には通用しねぇ!!シロートだからよ!!

28巻/83p
28巻/83p

オレがダメでもあいつらがいる あいつらの才能を発揮させてやればいい そのために体を張れるのはオレしかいない

31巻/19p
31巻/19p

オヤジの栄光時代はいつだよ・・・全日本のときか?オレは・・・オレは今なんだよ!!

スラムダンクの名言を引用・参考にした文献

スラムダンクの名言からの学び。[本当のチームワークとは]

頼り頼られる

今回のスラムダンクの中で印象的だったのが「オレがダメでもあいつらがいる あいつらの才能を発揮させてやればいい そのために体を張れるのはオレしかいない」というゴリこと赤木の言葉でした。

山王工業の強さに圧倒されている時、一人意識が散漫になっていた赤木。自信をなくしかけたプレーの中で悟り、心の中で自分に語りかけたのがこの言葉でした。

自分がなんとかしないといけない。

責任感からくる思いはとても大切です。しかし善意からくるこの思いは時に独りよがりになることもあります。視野が自分だけに向けられ、他の人のことを考えない。そのような思考に陥りがちだと感じます。

しかし多くの事柄が自分一人の力だけで成されることはありません。規模が大きくなればそれは顕著でしょう。

自分が主役になる時もあれば、脇役になる時もある。環境や時代の中でそれは変わっていくことかもしれません。しかしそんな時忘れてはいけないのは、自分一人で生きていないという感覚であると感じます。

主役になった時、脇役になった時、周りにどう振る舞うか。どういった意識で対するかで、多くの結果が変わってくる。自分一人の尺度で考えると問題が難しくなる中で、他人を信頼し心から頼り、自分も頼られる存在でいること

それが本当のチームワークであり、共存するということなのだと、今回スラムダンクの名言に触れて感じさせられました。

頼り。そして頼られる。

伝説のバスケットボール漫画、スラムダンクの名言からそれを学びました。

今日の英語

Check !

rely・・・頼る

タイトルとURLをコピーしました