[ヘレン・ケラー]障害を希望と共に生きた美しき名言

偉人の言葉

見えない、聞けない、しゃべれない。

これがヘレン・ケラーが負っていた三重苦と言われているものです。

アメリカの教育家、社会福祉活動家であったヘレン・ケラー。

生後1歳弱の幼少期に受けた高熱により、視力と聴力が徐々に失われていき、

それにより話すこともできなくなってしまいました。

5〜6歳頃のレンケラーは言葉による意思疎通はできないながらも、

身振り手振りによるジェスチャーで60通りほどの言語を持っていたみたいです。

ですが次第に自分の障害に対する不満や絶望から、

暴力て的になっていきます。

そんなヘレンに両親はアン・サリバンという家庭教師をつけることにしました。

アン・サリバンは障害を持つヘレンケラーに厳しく対し、

根気よく様々なことを教えていきました。

そしてついに水を触り、飲んで、それが「Water」であるということを

ヘレンケラーは理解するようになりました。

聞こえない、見えない人にどうやって意思を伝えたのか。

聞こえない、見えないのにどうやって意思を感じることができたのか。。

自分の想像では追いつかないような、そんな奇跡だと感じさせられます。

ヘレン・ケラーの言葉

世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。

はじめはとても難しいことも、続けていけば簡単になります。

目に見えるものは移ろいやすいけれど、目に見えないものは永遠に変わりません。

物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。

僕もそうだし、多くの人が目が見えることや耳が聞こえることが当たり前な状況下で、

どこか自分が見たものや聞いたことにとらわれてしまうことも多いと思います。

でも空気や匂いなど見えないものって確実に存在していて、

それらを五感を使って感じ取ることが本来の「見る」っていうことなのかなと、

ヘレン・ケラーの言葉を見て感じました。

僕は最近の世の中は不確実な情報が多すぎて、またそれに振り回されたりと、

人は目は見えるけど盲目的になっていると感じます。

ヘレン・ケラーは盲人ではあったけど、

本質的なものを心で捉えていたのかなと思います。

まさに一見に左右されない心の指針を持つことが大切なのだなと

教えてもらいました。

– Today’s Language – 

blindness

盲目

guidance

指針

タイトルとURLをコピーしました