[カーネル・サンダースの名言から学ぶ]挑戦し続ける姿勢

偉人の言葉

ケンターキーを創業したカーネル・サンダース

大体のケンタッキーには等身大のカーネルおじさんの像が立っています。

真っ白なスーツと、白髪、白ひげがトレードマーク。

クリスマスシーズンはサンタクロースが一番似合うおじさんになります。

どことなく安西先生ににも似てる。。。

今日はこのカーネルおじさんの言葉を紹介します。

カーネルおじさんがケンタッキーの始まりとなるチキン屋さんを始めたのは

なんと65歳の時です。

それまではセールスマンやガソリンスタンド経営など様々な仕事をしてきたみたいですけど、

ガソリンスタンドに併設していたサンダースカフェの経営難により、

資産のほとんどを失ってしまいます。

でもそこで諦めず、再起を近い考案したのが、

なんとあのフランチャイズのビジネスモデルと言われています。

今は日本でも当たり前に聞くようになったフランチャイズ。

それを一番最初に行ったのがケンタッキーなのです。

サンダースおじさんはワゴン車にフライドチキンを積み、

会社を回りながら地道に営業していきました。

1000社の会社をまわり、全て断られ、ようやく1010社目で契約をとったみたいです。

そこから大きな広がりをみせ、世界中に店舗を持つ巨大なチキン屋になったのです。

すごいサクセスストーリー。

何と言っても65歳でこんなでかい事業をやろうと思ったパワフルさ。

(僕の親と同い年)

年齢は言い訳にできないですね。

サンダースおじさんの挑戦はとても勇気を与えてくれます。

カーネルサンダースの言葉

カーネルサンダースのイラスト

私がやったことなど、誰にもできる事だ。ポイントはただ一つ。心から『やろう』と思ったかどうかである。心が思わないことは、絶対に実現できない

最後に息を引き取るまで、夕暮れは暗闇にはなりません

「やろう」と強く思う意志。

何か成し遂げようとする時、それが一番大事なんですね。

人は自分が認知しているものに安心感を抱き、知らないものに不安感を抱く生き物であります。

フランチャイズという概念がなかった時代に、

またネットなどの情報インフラも発達してない時代に、

その新しいシステムを買ってもらうのはめちゃくちゃ大変だったんだろうなと感じさせられます。

まったく契約取れない状況で1000社も営業を回る気持ちの強さ。

それを65歳でやってたということ。

もし1000社目でカーネルおじさんが諦めてしまっていたら、

ケンタッキーは存在しなかったんだろうな。

諦めない限り、失敗は存在しない。

– Today’s Language – 

franchise

特権、フランチャイズ

タイトルとURLをコピーしました