韓国語の好きなところ

 

僕は10代の頃、

少しだけ韓国語を勉強してたことがあるのだけど、、

今日はその記憶を思い出しながら、、、

韓国語の好きなところについて書きます。

 

とりあえず一番最初に思いついた好きなところ。

韓国はお兄さんお姉さんの呼び方は、

性別によって違います。

 

がお兄さんを呼ぶ時はヒョン

お姉さんを呼ぶ時はヌナ

 

がお兄さんを呼ぶ時はオッパ

お姉さんを呼ぶ時はオンニ

 

フランス語とかの男性名詞みたいな感じなのかなー、、

全然知らんけど。。。

 

そしてここからが僕が思う好きなことなのだけど、

韓国の人は実の兄弟じゃなくても、

この「お兄さん」「お姉さん」の表現を使う。

学校の先輩でもヒョンとかヌナとか言ったりする。

韓国人にこの表現がどんな認識されているのかはわからないけど、

(ただの呼び方、日本でいう名前の後にさんとかとかつける感覚?なのかな?)

このような文化のない日本人の自分からすれば、

とても新鮮!!

 

そしてなんかいいなーと感じる。

なんだろうか。

なんかいいなーと感じる。笑

 

 – Today’s Language – 
認識・・・・recognition




英語の次は韓国語?!

 

最近英語の他にも勉強しよーかなと

考えていたりなんかして。

 

なぜかというと、言語というのは一つの言語だけを勉強するよりも

複数言語を学習する方が、習得が早まるとのデータがあるらしく、

それならためしてみっかと!

 

そんな感じ。

好奇心は高い方です。

ですが飽き性なので、続かせるのが苦手。。。

 

で、

次に学ぶ言語は何がいいかなーと思って

考えてみた。

。。。

。。。

。。。

思いついた!

 

韓国語!

 

なぜかというと

まず文法が日本語に非常に近い。というかほぼ一緒。

そして漢字がベースになっていたりするんで、

同じ読み方で同じ意味を持つ言葉とか結構多いのです!

例えば日本語の無理(ムリ)は韓国語でも무리(ムリ)

意味は一緒! 無理!

こんな感じの共通の読み方と意味を持つ言葉が結構ある。のです。

 

簡単な言語を探した結果、

韓国語が難易度的におそらく日本人には一番いいんだなーと

思いました。

 

楽しく勉強します!

 

 – Today’s Language – 
無理・・・・무리