英語 = 留学ではなかった

 

今回はフィリピンに留学した僕の英語力の感想。

2ヶ月半、

暑さと英語まみれの日々だった。

 

そして、

留学して思ったことは

留学=語学力

ではなかったこと。

もちろんこれは人それぞれなのであるが、

そう言ってしまうと元も子もないので

そういうことにしておく。

というかそう僕は感じた。

 

まず僕が抱く留学のイメージが

そもそも間違ってがっていたのかもしれない。

 

3ヶ月、英語留学すればスラスラ話せるようになる。

これが当初フィリピンに旅立つ前のイメージ。

 

もちろん向上はしたが、

スラスラとは程遠い。

自分の言いたいことが、あまり辞書を引かずとも

言えるかな〜どうかな〜

というレベルで終了した。僕の場合。

 

留学はその言語を学ぶ目的で行くので、

仕事などの片手間に勉強する日本に比べると、

そりゃ勉強する時間も長いし、

環境も整っている。

 

しかし

やはり語学勉強というのは時間がかかる。

かかるのだ。

そうやすやすとスラスラとは話せない。

でもやるだけ確実に身につくものだということも感じた。

この期間が、

僕の英語を学ぶ基礎、習慣になっていることは断言できる。

それだけでも行ってよかったなと思う。

 

が、

決して海外に行くことが英語を学ぶ手段ではないとも

強く感じた。

今は十分な学習ツールもあるので、

その気になれば日本でも十分な勉強が可能である。

 

やはり月並みだが、

継続は力なり。

である。

 

そう自分に言い聞かせ、

英語のラジオを聴く。

 

 – Today’s English – 
defeats the purpose・・・・元も子もない

practice makes perfect・・・・継続は力なり

フィリピンで一番良かった授業

 

僕はフィリピンで1日8時間の授業を取っていた。

one teacher / an hour なので1日8人の先生。

多いね、、、ホント取りすぎたなと思う。

ぜひフィリピンに行かれる方には、

多く授業を取ればいいってもんじゃない!

と助言させていただきたい。

 

その8人の中で僕がダントツに良かった(僕にマッチした)

先生の授業内容を紹介します。

まず

この先生の授業はキツかった。。。

何がきついかって宿題。1日この授業だけで2〜3時間はかかる。

その内容が、授業の終わり際に

先生が「これが明日のトピックね〜」と

笑いながらノートの上に書く。

そのトピックも

Mental illness

Is world peace possible? If yes,How,When,and Why?

などといったヘビーなもの。

そのトピックについての自分の考えを、

ノート1ページに英語で書いてくる。

これが宿題。

 

英語初心者の僕にはノートまるまる1ページを英文で埋めるのがまずキツイ。

最初3時間くらいかかった。

最後の方でも2時間くらいはかかったが、、、、

 

そして、授業ではこの宿題をもとに、

先生がいろいろ質問したり、

それぞれの意見をディスカッションする。

こう考えた動機は?とか

私はこう思うけど、反対意見はある?とか

なかなかすぐに答えられないような意地の悪い質問ばかり。。

最初は全然喋れない。。。

が、

毎日やっていくと、

書くことも、しゃべることも慣れてくる。

少しずつではあるが上達していくのがわかる。

 

僕が思うに

一つのお題について英語で考え、

それを言葉で人に説明する。

この流れがとても良かったなと今になって思う。

 

いきなり喋るのはなかなか難しいが、

自分の趣味、好きな事など何でもいいから、

あらかじめノートに書き出す、

そしてそれを誰かに話す。

みたいな事だと普段でもできそうだ。

 

これはとてもいい勉強法かもしれない。

僕の経験上の話です。

 

もし他にいい勉強法あったら教えてくださいませ!

 

 – Today’s English – 
by far the best・・・・ダントツ

motive・・・・動機