Language Exchange – 言葉の交換 –

 

デンマークに帰ってきて、またスローライフがスタート。

こっちは気温16度くらいとなかなかの肌寒さ。

でも東京はまだ暑いんだろうな・・・

 

お疲れ様です。

 

こっちに戻ってきてから、

Language Exchangeを始めた。

 

その名の通り、言葉の交換である。

英語を教えてもらう代わりに、

日本語を教えるというもの。

 

ネットの掲示板で書き込みがあったので、

連絡して早速会ってみることに!

 

相手はなんと70歳のアメリカ人のおばあちゃん!

でもとても元気。

63歳のデンマーク人の彼氏がいるくらい元気。

前にデンマークに旅行に来て知り合ったのだとか。

それからお互いにアメリカで会ったり、デンマークで会ったり

しているみたい。

恋です。

 

そのおばあちゃんは昔、日本人の旦那さんがいて、

日本にも住んでいたらしい。逗子の近く。

でももう40年も前のことだとか。。。

歴史だね。

 

でもそんな前のことなのに、日本語普通に話せていた。

すげーーー。

アメリカでも、日本語学校に月2回参加しているんだって。

 

その人は日本にいた時に、

空港でANAのスタッフに英語を教えていたらしい。

だもんで当たり前に教えるのがうまい。

普通に会話するんだけど、

逐一間違ったところを直してくれる。

日本語で話した時、これをやるのが意外と難しい。。。

なんか普通に会話して終わってしまった感じ。

ごめん。おばーちゃん。。。

 

なんてことないことだけど、

日本語教えたことなんてない僕には

なかなかびっくりな体験だった。

 

 

なんで日本語勉強してるの?って聞いたら

「だって日本語はとても綺麗な言葉でしょ」

綺麗なマダムからのこの言葉、説得力。

 

日本語は綺麗と言ってもらうのは

なんだか嬉しいもんです。

 

そんな土曜の午前の話。

 

 – Today’s Language – 
なかなか・・・・pretty

逐一・・・・minutely




SaveSave

SaveSave

英語が第一選択肢。

 

2017.09.11

 

デンマークに戻ってきた。

旅はいいねホント。

いいこと。悪いこと。含めいろんなことがある。

人との出会いも多い。

ほとんどホステル泊(複数人部屋)だったから、

いろんな国の人に会った。

 

旅をして思ったのは

やっぱり英語は言葉の第一選択肢なんだなと。

僕も拙い英語だが、僕よりも話せない人たちも多かった。

でも彼らも僕と会話しようとするとき、

頑張って英語で話す。

僕も頑張って英語で話す。

 

みんな自然と第一選択肢が英語なのだ。

 

いかに世界で英語というものの優先順位が高いことがわかる。

この前読んだ本の中にこんな一文があった

 

「アメリカ人はプラットフォームを作るがうまい。

そんなアメリカ人が作った最大の発明が、

英語を世界の第一言語にしたこと。」

 

てのがあった。

まさにその通りである。

みんなとりあえず英語。

という自動選択が頭の中で起こっているのである。

 

それがいいか悪いかはわからないが、

とりあえず。で、僕は英語を勉強している。

 

 – Today’s Language – 
priority・・・・優先順位




SaveSave

SaveSave