フィリピンの学校探し。

 

英語=留学と思っていた僕は

いざフィリピンへ!!と気持ちは一直線。

学校探しを始めた。

 

全くの無知からの検索だったから

とりあえず「フィリピン 英語 留学」でGoogleした。

そしたらすごい数あるんだね。学校。

びっくりしたよ。

マニラ、セブ、その他の場所にもたくさん。

とりあえず検索の一番上に出てきたエージェントの

説明会とやらに行くことにした。

僕が行ったのは渋谷でやってたやつで、

首都圏だと定期的に説明会やってるらしい。

 

僕のように全くの無知の方へ説明すると

留学をしようとした時、

己で学校探し、申し込む。

エージェントと呼ばれる学校と自分をつなげてくれる代理会社に頼む

かの2択である。おそらく。

自分オンリーの場合、学校を探すまではいいが、

申し込むとなると、わからない英語な上、

ビザやらなんやらといろいろ必要なので、

とてもめんどーーーだ。[めんどくさいの好きな人は試してみてくれ]

なのでエージェントに頼んだ方が手っ取り早い。

 

流れとしては、

1. 行きたい学校を決める。

2. エージェントを通して申し込み、入学金振り込み。

3. 出発

てな感じになる。

 

とりあえずで行った説明会で、いくつか学校と、

フィリピンでの生活の説明を受けた。

大体の内容が分かったので、

また家でGoogle再開。

今度はどこの学校がいいのかひたすら検索。

 

そしたらやはりマニラやセブ島よりも

地方の学校の方が学費も安く、物価も安い

また日本人はセブ島に集まりやすいらしい。

ので、

日本人が少なく、

かつ学費が安い地方の学校に絞って探すことにした。

 

地方の学校だと、マイナーなためなのか

エージェントによって取り扱っていない学校もあったりした。

 

僕はいろいろ検索したり、

いくつかエージェントと見積もりや、

学校やその他のこともメールでやりとりした結果。

 

フィルイングリッシュ

というエージェントが一番いいなと感じた。

僕もここで申し込んだ

サイト⬇︎⬇︎

最近サイトデザインがリニューアルされたみたいだが、

僕が利用した頃は、かなりダサいデザインだった、

ダサいというかヤバイ、、なんか危ない会社に見えるほど。

でも結果そんなことは全然ないので、安心していただきたい。

 

フィルのいいところ

学費が安い(割引率が高い)

取り扱いの学校の多さ。

レビューなどの情報の充実さ。

メールでのやりとり。

学費もエージェントによって様々だが、

フィルは一番割引率も高く、

取り扱っている学校、特にセブやマニラ以外のマイナーな学校も

他のエージェントに比べ豊富である。

またスタッフがよく学校に取材に行っているらしく

最近の学校や生徒の情報も充実している。

また担当者とのメールのやりとりも、留学のことから、

学校選び、英語の勉強の仕方など、

いろいろと親身に相談に乗ってくれた。

 

なのでエージェント選びは学校を決めた後のサポートとかもあるので、

結構重要。

 

なので

フィルまじでおすすめっす。

 

次回は選んだ学校について。

 

 – Today’s English – 
orientation meeting・・・・説明会

enrich・・・・充実する

discount rate・・・・割引率

highly recommended・・・・オススメ!




英語=留学とか思ってた。

 

英語 = 留学

 

じゃあ英語を勉強しようと思い立ったあと。

すぐ思いついたのが

英語=留学が最短という考えである。

今となっては疑わしい考えだが、

それはまたおいおい書こうと思う。

 

とりあえずできるなら手っ取り早く

すぐに英語を喋るには英語圏で生活し、

英語喋りまくるっきゃなーい。

と思い。ネットで調べまくる。

 

そしたら

前から話題になっていたフィリピン留学を発見。

とりあえず学費が安く、

マンツーマンの授業が受けれるとやんわーりと聞いたことあった。

ので、とりあえず、

フィリピンに行き(ぺらぺらになる気満々)

デンマークに乗り込もうと計画立てた。

 

ここで一番のポイントは

手っ取り早く英語を習得しようと思ったことだ。

 

うん。。。ではまた次回。

今度はフィリピンについて。

 

 – Today’s English – 
study abroad・・・・留学

shortcut・・・・手っ取り早く

softly・・・・やんわり

shortest・・・・最短