フィリピンで一番良かった授業

 

僕はフィリピンで1日8時間の授業を取っていた。

one teacher / an hour なので1日8人の先生。

多いね、、、ホント取りすぎたなと思う。

ぜひフィリピンに行かれる方には、

多く授業を取ればいいってもんじゃない!

と助言させていただきたい。

 

その8人の中で僕がダントツに良かった(僕にマッチした)

先生の授業内容を紹介します。

まず

この先生の授業はキツかった。。。

何がきついかって宿題。1日この授業だけで2〜3時間はかかる。

その内容が、授業の終わり際に

先生が「これが明日のトピックね〜」と

笑いながらノートの上に書く。

そのトピックも

Mental illness

Is world peace possible? If yes,How,When,and Why?

などといったヘビーなもの。

そのトピックについての自分の考えを、

ノート1ページに英語で書いてくる。

これが宿題。

 

英語初心者の僕にはノートまるまる1ページを英文で埋めるのがまずキツイ。

最初3時間くらいかかった。

最後の方でも2時間くらいはかかったが、、、、

 

そして、授業ではこの宿題をもとに、

先生がいろいろ質問したり、

それぞれの意見をディスカッションする。

こう考えた動機は?とか

私はこう思うけど、反対意見はある?とか

なかなかすぐに答えられないような意地の悪い質問ばかり。。

最初は全然喋れない。。。

が、

毎日やっていくと、

書くことも、しゃべることも慣れてくる。

少しずつではあるが上達していくのがわかる。

 

僕が思うに

一つのお題について英語で考え、

それを言葉で人に説明する。

この流れがとても良かったなと今になって思う。

 

いきなり喋るのはなかなか難しいが、

自分の趣味、好きな事など何でもいいから、

あらかじめノートに書き出す、

そしてそれを誰かに話す。

みたいな事だと普段でもできそうだ。

 

これはとてもいい勉強法かもしれない。

僕の経験上の話です。

 

もし他にいい勉強法あったら教えてくださいませ!

 

 – Today’s English – 
by far the best・・・・ダントツ

motive・・・・動機




フィリピンの学校の授業

 

フィリピンでの僕の授業についてかきやす。

 

多分学校によって全然違うと思うけど、

僕が行ってた学校では生徒が自分で授業内容を決めれる。

小さな小部屋でマンツーマンクラスをやるのだが、

初めましてと軽く自己紹介してから、

「何やりたい?」と先生に聞かれる。

ぼくは話せるようになりたかったから、

全体的に喋ることに重きを置いた授業にしてもらった。

 

1コマ : 文法
2コマ : 会話
3コマ : 会話、ライティング
4コマ : リスニング
5コマ : 会話
6コマ : 文法 [グループクラス]
7コマ : 会話
8コマ : 発音 [グループクラス]

 

てなかんじ。

 

会話の授業でもテキストつかったり、

先生が用意したトピックについてディスカッションしたりと、

先生によって違う。

マンツーマンは先生との相性がだいじだ。

教え方が上手い下手もあるが、

会話がメインの授業だと話してて楽しいだとか、

話を引き出してくれるといった先生がいいと個人的には思う。

これは人によって相性が違うので、

いいなと思う先生を見つけていただきたい。

ちなみに僕の学校では週に一回、

授業変更可能な日があり、

良いか悪いかは置いといて、

人によっては毎週先生変えてる人もいた。

 

次はフィリピンで一番良かった授業内容について!

 

 – Today’s English – 
chemistry・・・・相性

personally・・・・個人的に