フィリピンで一番良かった授業

 

僕はフィリピンで1日8時間の授業を取っていた。

one teacher / an hour なので1日8人の先生。

多いね、、、ホント取りすぎたなと思う。

ぜひフィリピンに行かれる方には、

多く授業を取ればいいってもんじゃない!

と助言させていただきたい。

 

その8人の中で僕がダントツに良かった(僕にマッチした)

先生の授業内容を紹介します。

まず

この先生の授業はキツかった。。。

何がきついかって宿題。1日この授業だけで2〜3時間はかかる。

その内容が、授業の終わり際に

先生が「これが明日のトピックね〜」と

笑いながらノートの上に書く。

そのトピックも

Mental illness

Is world peace possible? If yes,How,When,and Why?

などといったヘビーなもの。

そのトピックについての自分の考えを、

ノート1ページに英語で書いてくる。

これが宿題。

 

英語初心者の僕にはノートまるまる1ページを英文で埋めるのがまずキツイ。

最初3時間くらいかかった。

最後の方でも2時間くらいはかかったが、、、、

 

そして、授業ではこの宿題をもとに、

先生がいろいろ質問したり、

それぞれの意見をディスカッションする。

こう考えた動機は?とか

私はこう思うけど、反対意見はある?とか

なかなかすぐに答えられないような意地の悪い質問ばかり。。

最初は全然喋れない。。。

が、

毎日やっていくと、

書くことも、しゃべることも慣れてくる。

少しずつではあるが上達していくのがわかる。

 

僕が思うに

一つのお題について英語で考え、

それを言葉で人に説明する。

この流れがとても良かったなと今になって思う。

 

いきなり喋るのはなかなか難しいが、

自分の趣味、好きな事など何でもいいから、

あらかじめノートに書き出す、

そしてそれを誰かに話す。

みたいな事だと普段でもできそうだ。

 

これはとてもいい勉強法かもしれない。

僕の経験上の話です。

 

もし他にいい勉強法あったら教えてくださいませ!

 

 – Today’s English – 
by far the best・・・・ダントツ

motive・・・・動機




フィリピンの学校の授業

 

フィリピンでの僕の授業についてかきやす。

 

多分学校によって全然違うと思うけど、

僕が行ってた学校では生徒が自分で授業内容を決めれる。

小さな小部屋でマンツーマンクラスをやるのだが、

初めましてと軽く自己紹介してから、

「何やりたい?」と先生に聞かれる。

ぼくは話せるようになりたかったから、

全体的に喋ることに重きを置いた授業にしてもらった。

 

1コマ : 文法
2コマ : 会話
3コマ : 会話、ライティング
4コマ : リスニング
5コマ : 会話
6コマ : 文法 [グループクラス]
7コマ : 会話
8コマ : 発音 [グループクラス]

 

てなかんじ。

 

会話の授業でもテキストつかったり、

先生が用意したトピックについてディスカッションしたりと、

先生によって違う。

マンツーマンは先生との相性がだいじだ。

教え方が上手い下手もあるが、

会話がメインの授業だと話してて楽しいだとか、

話を引き出してくれるといった先生がいいと個人的には思う。

これは人によって相性が違うので、

いいなと思う先生を見つけていただきたい。

ちなみに僕の学校では週に一回、

授業変更可能な日があり、

良いか悪いかは置いといて、

人によっては毎週先生変えてる人もいた。

 

次はフィリピンで一番良かった授業内容について!

 

 – Today’s English – 
chemistry・・・・相性

personally・・・・個人的に




Iloiro / イロイロという街

 

僕が入学したWE ACADEMY。

それはフィリピンのイロイロという場所にあります。

地図はこちら⬇︎

マニラから飛行機で1時間くらいにある田舎町です。

田舎町と言っても結構人いる。

めっちゃ車ある。

僕的には田舎と聞いてたから、

畑が広がってるかと思いきや、

ショッピングモールなどもあり、

ふつーに生活する分には何も困らないレベル。

コンビニも学校のすぐ近くにある。

 

ただやはり生活水準は日本とは比べてはダメ。

水道水は飲めないし、

お湯でないし、

車は排気ガスがすごい、

コンビニやショッピングセンターには入口に警備員と荷物チェック

 

そしてとにかく暑い。

フィリピンは多少の気温の変化はあるものの、

だいたい30度近い夏。一年中。

 

最初は結構カルチャーショックを受けるが、

人は優しいし、

イロイロはフィリピンの中でも治安がいい場所なので、

女性でも歩きやすい。と思う。

 

暑いの好きなら乗り越えられる。

 

 – Today’s English – 
country town・・・・田舎町

exhaust gas・・・・排気ガス

standard of living・・・・生活水準




僕が選んだフィリピンの学校

 

僕が選んだフィリピンの学校。

それは

WE ACADEMY

 

この学校を選んだポイントはただ一つ

授業料が安い!!!

 

フィリピンのいろんな学校を調べたけど、

1年前はここが一番安かった。

 

安いと言っても、

授業内容によって料金が変わってくるので、

また何とも言えないんだが、

僕が希望したのはとりあえず、

マンツーマンの授業が多く取れること。

 

だいたいどこの学校も

マンツーマングループレッスンの授業が1日のうちにある。

その割合は学校や個人の希望によって違うが、

だいたいフィリピンに来る人は、

マンツーマン授業が目的。だと思う。

 

WE ACADEMYに来てた生徒もほとんど

マンツーマン4時間グループ2時間]/1日

とマンツーマン多めというスケジュールだった。

 

学校によってはカリキュラムが決まっていたりするが、

ここは授業内容や、授業数も自分で選択できます。

マンツーマンは最大8時間取れます。

 

授業料やすく済ませたい方は

WE ACADEMY オススメです。

ちなみにマンツーマンは和製英語

カナダ人の友達に説明した時、全然通じなかった。

 

正しいのはプライベートレッスン。

 

 – Today’s English – 
private lesson・・・・個人授業

rate・・・・割合




フィリピンの学校探し。

 

英語=留学と思っていた僕は

いざフィリピンへ!!と気持ちは一直線。

学校探しを始めた。

 

全くの無知からの検索だったから

とりあえず「フィリピン 英語 留学」でGoogleした。

そしたらすごい数あるんだね。学校。

びっくりしたよ。

マニラ、セブ、その他の場所にもたくさん。

とりあえず検索の一番上に出てきたエージェントの

説明会とやらに行くことにした。

僕が行ったのは渋谷でやってたやつで、

首都圏だと定期的に説明会やってるらしい。

 

僕のように全くの無知の方へ説明すると

留学をしようとした時、

己で学校探し、申し込む。

エージェントと呼ばれる学校と自分をつなげてくれる代理会社に頼む

かの2択である。おそらく。

自分オンリーの場合、学校を探すまではいいが、

申し込むとなると、わからない英語な上、

ビザやらなんやらといろいろ必要なので、

とてもめんどーーーだ。[めんどくさいの好きな人は試してみてくれ]

なのでエージェントに頼んだ方が手っ取り早い。

 

流れとしては、

1. 行きたい学校を決める。

2. エージェントを通して申し込み、入学金振り込み。

3. 出発

てな感じになる。

 

とりあえずで行った説明会で、いくつか学校と、

フィリピンでの生活の説明を受けた。

大体の内容が分かったので、

また家でGoogle再開。

今度はどこの学校がいいのかひたすら検索。

 

そしたらやはりマニラやセブ島よりも

地方の学校の方が学費も安く、物価も安い

また日本人はセブ島に集まりやすいらしい。

ので、

日本人が少なく、

かつ学費が安い地方の学校に絞って探すことにした。

 

地方の学校だと、マイナーなためなのか

エージェントによって取り扱っていない学校もあったりした。

 

僕はいろいろ検索したり、

いくつかエージェントと見積もりや、

学校やその他のこともメールでやりとりした結果。

 

フィルイングリッシュ

というエージェントが一番いいなと感じた。

僕もここで申し込んだ

サイト⬇︎⬇︎

最近サイトデザインがリニューアルされたみたいだが、

僕が利用した頃は、かなりダサいデザインだった、

ダサいというかヤバイ、、なんか危ない会社に見えるほど。

でも結果そんなことは全然ないので、安心していただきたい。

 

フィルのいいところ

学費が安い(割引率が高い)

取り扱いの学校の多さ。

レビューなどの情報の充実さ。

メールでのやりとり。

学費もエージェントによって様々だが、

フィルは一番割引率も高く、

取り扱っている学校、特にセブやマニラ以外のマイナーな学校も

他のエージェントに比べ豊富である。

またスタッフがよく学校に取材に行っているらしく

最近の学校や生徒の情報も充実している。

また担当者とのメールのやりとりも、留学のことから、

学校選び、英語の勉強の仕方など、

いろいろと親身に相談に乗ってくれた。

 

なのでエージェント選びは学校を決めた後のサポートとかもあるので、

結構重要。

 

なので

フィルまじでおすすめっす。

 

次回は選んだ学校について。

 

 – Today’s English – 
orientation meeting・・・・説明会

enrich・・・・充実する

discount rate・・・・割引率

highly recommended・・・・オススメ!