日本の中の英語。英語の中の日本語。【Superdry極度乾燥(しなさい)】

 

今日も海外でバックパッカーしてた時の話。

 

その時は20カ国くらい旅して、イギリスにも行ったんだけど、

イギリス、ロンドンの街をぷら〜〜と歩きながら、

ふと目に入ったお店を見て思わず二度見した。

それがこのお店↓

 

Superdry 極度乾燥(しなさい)

 

日本では絶対使わない極度乾燥、、笑

どんだけ乾かされたものが売ってるんだ??

というのが初見の感想。

 

これはイギリスのファッションブランドで、

ロンドンの街中ではいくつかお店を目にするくらい

メジャーなブランドみたい。

デンマークにも店舗があった。

なんでもベッカムもここのTシャツ着てたとか!!

(僕は日韓ワールドカップ世代)

 

海外では有名ブランドだけど、

日本では実店舗もそうだしネットですら直販売はしていないらしい。。。

このブランドを立ち上げたイギリスの人はもともと日本に住んでいて、

アサヒビールのスーパードライを見てこのブランド名にしたみたい。

そして「スーパードライ」を翻訳機で自動翻訳させて

出てきたのが極度乾燥!!

それをそのまま使っているのだとか。笑

 

確かに外国の人は漢字がとてもカッコイイと感じる

という話もよく聞くなー。

日本人が英語のTシャツがかっこいいと感じるのと同じ理屈なんだろう。

たまにヤバめの英単語が入ったTシャツ着ている人もいるもんな〜

あーいうの見て外国の人はどう感じてるんだろうか、、、笑

心の中で笑ってるんだろうなー。

 


Superdry スーパードライ バックパック リュック 極度乾燥しなさい メンズ 日本未上陸 レア (緑)sd501 [並行輸入品]

 

 

でも自国にないものをカッコよく感じるのはとてもいいことだと思う。

イギリスで日本語、しかもひらがなを見た時はなんか嬉しかったなー。

極度乾燥。しなさい、、、笑

日本人からはなかなか出てこない発想だろう。

 

 – Today’s Language – 
極度乾燥・・・・Superdry




数字は世界共通の言語。

 

ヨーロッパでバックパッカーしてた時の話。

僕は東ヨーロッパの小国を中心に旅をしていた。

全部現地の言葉、英語すら書かれていない看板、、、

ネットがなかったら大変だったな〜と感じさせられる旅だった。

 

そのなかでも自分も認識できる言語、

それが数字だった。

言語と言えるかは疑問だが、、、

でも改めて数字について考えると、とても興味深い。

当たり前に認識しているけど、

数字がわからないと飛行機のゲートにもいけない。

というか空港にすらいけなさそう。

 

そしてただの情報整理のためのナンバリングだけでなく、

数字そのものに意味合いというかイメージというかもある。

古くは数秘術とか占いみたいなものから、

誕生日や記念日、

スポーツ選手の背番号など、、、

なんか自分にとっての特別な番号てある。

気がする。

 

数字ておもしろい。

 

 – Today’s Language – 
現地・・・・local