何を捨てるかで誇りが問われ、 何を守るかで愛情が問われる。[スティーブ・ジョブズ]

偉人の言葉

 

僕は高校卒業して初めてパソコンを持った。

初めて買ったパソコンはレポートとか書くためだったり、動画見るためだったり、ネットやるためだったり、、、、

と、軽い感じで使う用のものだった。Windows XPだった気がする・・・

 

その後デザインの学校に入って、

初めてMacを見た。そして使った。

最近はiphoneの普及などもありMacを使う人も増えてきたなという印象だけど、

当時は電気屋でもあまり種類は売ってなくて、それこそクリエイティブ系の人しか使わないイメージだった。

なのでずっとWindowsに慣れていた自分に、Macは衝撃的だった。

同じパソコンか??って思うくらいに、全てが違う!という印象を受けた。

Windowsが説明的と表現するならMacは感覚的

フォルダを開くような基本的な動作にも感覚的な動きが採用されていて、

動かしていてなんだか気持ちいい」が追求されている気がした。

またデザインの美しさもMacの直感的な使いやすさに起因しているのは間違いないだろう。

WindowsもOSが変わるにつれて、直感的な方向にいろいろアップデートされているけど、

やはりMacの方がまだまだ洗練されている印象を受ける。

 

そんなMac。そしてiphoneなどを生み出したApple社を創ったのが、

みんなさんご存知のスティーブ・ジョブスです。

 

 

今日はそんなジョブズの言葉です。

ジョブズの名言で一番有名なのがスタンフォード大学の卒業式で行われたスピーチの内容だろう。

そこでジョブズは最後に、

 

ハングリーであれ。愚か者であれ。
Stay Hungry. Stay Foolish.

 

という言葉を残している。

これは常に従来の形にとらわれず、新しさを追い求めてきたジョブズの生き様が反映された言葉だろう。

Macやiphoneが初めて世に出た時の衝撃は世界中の人たちの感性を揺さぶっただろう。

それほどの衝撃と、概念破壊があった気がする。

だからジョブズは若者にもそのような高い目標と、強い意志を持って欲しかったのかもしれない。

 

またもう一つの言葉。

 

—-

何を捨てるかで誇りが問われ、
何を守るかで愛情が問われる。

—-

 

捨てるのも勇気が必要。何かを得るには何かを捨てなければならない。

という言葉もあるくらい。

人は簡単に何かを捨てるのが難しい生き物だ。

物だけじゃなく、現在の環境や仕事、大学、お金などなど。

見えない捨てるものもたくさんあるだろう。

簡単には捨てられないそれらを捨てるには、意志と自分の中の価値観が必要だ。

 

またこだわり、自分が何を大切にしたいか。

ここが決まっている、決めている人の意志は明確で、行動はスピーディだ。

 

ジョブズは何を捨て、何を守るかがとても明確だった。

だから革新的なものが作れたし、

人々の心に強く突き刺すメッセージを込められたのだろう。

 

 – Today’s Language – 
誇り・・・・pride




タイトルとURLをコピーしました