空想は知識より重要である。[アインシュタイン]

偉人の言葉

 

相対性理論でおなじみのアインシュタイン。

(相対性理論て南スカ)

の言葉を紹介します。

 

ドイツ生まれのユダヤ人物理学者のアインシュタイン。

この時代のユダヤ人て活躍している人?頭いい人多いなと感じる。(個人的に)

現代物理学の父とも言われています。

(すごいっすね)

 

 

そんなアインシュタインの言葉

 

—-

空想は知識より重要である。
知識には限界がある。
想像力は世界を包み込む。

—-

 

数学とはやはり想像力なのかな。

学者の世界で生きてきた人が知識よりも想像力を重要視するのはとても興味深いと思った。

僕はデザインの仕事をしているけど、逆に感性やセンスの世界だと思われがちの業界だけど、

意外と幅広い知識が必要だなと感じたりする。。。

 

 

また別の言葉。

 

—-

成功という理想は、
そろそろ奉仕という理想に
取って替わられてしかるべき時だ。

—-

 

最近、よく読む本がビジネス系の本。

人によって経験したものは違えど、成功者には共通したマインドがあるなと感じる。

その共通項がこの言葉にも感じた。

それがGIVE and TAKE(与えて、受ける)ではなくGIVE and GIVEの精神だ。

人は不安や恐怖からなのかまず受け取ることを優先的に考えてしまう。

人、家族、国、社会、、、安定した給料や国からの保証。

何かと自分以外が自分に対してしてくれることを求めてしまう。

(ボクモそう)

 

でもそんな状況下でも、自分が他の状況に対して何を与えられるかを考えることが、

成功に繋がっていく気がする。

この言葉も逆説的だけど、奉仕をすることを理想にしている人は、

最終的に成功していくんだろうな。

 

 – Today’s Language – 
奉仕・・・・service

空想・・・・fancy




タイトルとURLをコピーしました