フィリピンの学校の授業

 

フィリピンでの僕の授業についてかきやす。

 

多分学校によって全然違うと思うけど、

僕が行ってた学校では生徒が自分で授業内容を決めれる。

小さな小部屋でマンツーマンクラスをやるのだが、

初めましてと軽く自己紹介してから、

「何やりたい?」と先生に聞かれる。

ぼくは話せるようになりたかったから、

全体的に喋ることに重きを置いた授業にしてもらった。

 

1コマ : 文法
2コマ : 会話
3コマ : 会話、ライティング
4コマ : リスニング
5コマ : 会話
6コマ : 文法 [グループクラス]
7コマ : 会話
8コマ : 発音 [グループクラス]

 

てなかんじ。

 

会話の授業でもテキストつかったり、

先生が用意したトピックについてディスカッションしたりと、

先生によって違う。

マンツーマンは先生との相性がだいじだ。

教え方が上手い下手もあるが、

会話がメインの授業だと話してて楽しいだとか、

話を引き出してくれるといった先生がいいと個人的には思う。

これは人によって相性が違うので、

いいなと思う先生を見つけていただきたい。

ちなみに僕の学校では週に一回、

授業変更可能な日があり、

良いか悪いかは置いといて、

人によっては毎週先生変えてる人もいた。

 

次はフィリピンで一番良かった授業内容について!

 

 – Today’s English – 
chemistry・・・・相性

personally・・・・個人的に




英語を読む / 僕が使ってるアプリ

 

英語を読むのに便利なアプリの紹介っす!

僕はこれ使ってる

POLYGLOTS | ポリグロッツ

 

最初本当に英文が読めなかった僕を助けてくれたアプリ。

今も使ってる。

世界のニュースが読めるのだが、

それを英語学習に特化させているのが、

素晴らしい!デザインもいい!

 

何と言って重宝するのが、

日本語訳がついている記事がある(全部じゃない)

その場で単語を検索できる。

である。

僕も色いろ探したけど、

こんな便利な機能を持ったアプリはないね。

 

 

他にも読んだ文字数を記録してくれたり、

調べた単語をブックマークできたり、

単語テストできたりなどなど。

ありがたい機能が詰め込まれいる。

これが無料で使えるんだからありがたい。

記事の内容も面白いし、

カテゴリー分けされているので、

自分が興味あるものを選びやすい。

ただ一つ難点なのが、

これはアプリオンリーなんだよな〜、、

パソコンでも見れたら最高なんだが、、、

 

日本語に訳される世界のニュースはごくわずか。みたい。

これでリーディングの練習をして、

世に溢れている英字の記事を読み倒して頂きたい。

世界が広がるね。

 

他にオススメのリーディングアプリ、サイト、教材

あったら教えてくださいませー!

 

 – Today’s English – 
specialize・・・・特化する

drawback・・・・難点

fill・・・・詰め込む




Iloiro / イロイロという街

 

僕が入学したWE ACADEMY。

それはフィリピンのイロイロという場所にあります。

地図はこちら⬇︎

マニラから飛行機で1時間くらいにある田舎町です。

田舎町と言っても結構人いる。

めっちゃ車ある。

僕的には田舎と聞いてたから、

畑が広がってるかと思いきや、

ショッピングモールなどもあり、

ふつーに生活する分には何も困らないレベル。

コンビニも学校のすぐ近くにある。

 

ただやはり生活水準は日本とは比べてはダメ。

水道水は飲めないし、

お湯でないし、

車は排気ガスがすごい、

コンビニやショッピングセンターには入口に警備員と荷物チェック

 

そしてとにかく暑い。

フィリピンは多少の気温の変化はあるものの、

だいたい30度近い夏。一年中。

 

最初は結構カルチャーショックを受けるが、

人は優しいし、

イロイロはフィリピンの中でも治安がいい場所なので、

女性でも歩きやすい。と思う。

 

暑いの好きなら乗り越えられる。

 

 – Today’s English – 
country town・・・・田舎町

exhaust gas・・・・排気ガス

standard of living・・・・生活水準




僕が選んだフィリピンの学校

 

僕が選んだフィリピンの学校。

それは

WE ACADEMY

 

この学校を選んだポイントはただ一つ

授業料が安い!!!

 

フィリピンのいろんな学校を調べたけど、

1年前はここが一番安かった。

 

安いと言っても、

授業内容によって料金が変わってくるので、

また何とも言えないんだが、

僕が希望したのはとりあえず、

マンツーマンの授業が多く取れること。

 

だいたいどこの学校も

マンツーマングループレッスンの授業が1日のうちにある。

その割合は学校や個人の希望によって違うが、

だいたいフィリピンに来る人は、

マンツーマン授業が目的。だと思う。

 

WE ACADEMYに来てた生徒もほとんど

マンツーマン4時間グループ2時間]/1日

とマンツーマン多めというスケジュールだった。

 

学校によってはカリキュラムが決まっていたりするが、

ここは授業内容や、授業数も自分で選択できます。

マンツーマンは最大8時間取れます。

 

授業料やすく済ませたい方は

WE ACADEMY オススメです。

ちなみにマンツーマンは和製英語

カナダ人の友達に説明した時、全然通じなかった。

 

正しいのはプライベートレッスン。

 

 – Today’s English – 
private lesson・・・・個人授業

rate・・・・割合




勉強前の英語力。

 

留学の話の前に僕の話をするべきだったかも。

僕は今29歳で、デンマークでワーホリ中。

 

英語を勉強し始めたのは

28歳の5月から。

なのでちょうど勉強し始めて1年くらい経つ。

 

英語勉強前の僕の英語力はというと。

多分中学英語が理解できるくらい。(自称)

現在完了は大丈夫。くらい。

英検や、トイックやらのテストを受けたことがないので、

図る基準がないのだが、まーそんな感じ。

 

大学は美術系の大学だったから、

鉛筆で描いたり、絵の具を塗ったりといった受験

テストもあったが、

あんなものは形式だったんだなと今は思う。

なので大学受験の勉強もしてないから

高校でがっつり勉強した記憶がない。

 

そもそも英語が嫌いだった。

高校のテストも、一番低い点数が英語。

ふつーに定期的に赤点もとってた。

 

だから僕は手っ取り早く点数を取るために

教科書をひたすら暗記する方法をとる。

理解などせず暗記。英文と訳。

そしたら学校の期末テストはそれなりの点数が取れた。

暗記してるからね。

でも全国模試は壊滅的だった。

暗記できないからね。

 

Anyway

1年前の僕の英語力は

 

Yes we can 少し文法わかる。

英文は記号の羅列だ。

 Helloは瞬時に言える。

挨拶の後は無言です。

 

英語力 : 7ということにしておこう。

 

 – Today’s English – 
present perfect・・・・現在完了

regularly・・・・定期的に

crushing・・・・壊滅的な

final exams・・・・期末テスト