フィリピンの学校の授業

 

フィリピンでの僕の授業についてかきやす。

 

多分学校によって全然違うと思うけど、

僕が行ってた学校では生徒が自分で授業内容を決めれる。

小さな小部屋でマンツーマンクラスをやるのだが、

初めましてと軽く自己紹介してから、

「何やりたい?」と先生に聞かれる。

ぼくは話せるようになりたかったから、

全体的に喋ることに重きを置いた授業にしてもらった。

 

1コマ : 文法
2コマ : 会話
3コマ : 会話、ライティング
4コマ : リスニング
5コマ : 会話
6コマ : 文法 [グループクラス]
7コマ : 会話
8コマ : 発音 [グループクラス]

 

てなかんじ。

 

会話の授業でもテキストつかったり、

先生が用意したトピックについてディスカッションしたりと、

先生によって違う。

マンツーマンは先生との相性がだいじだ。

教え方が上手い下手もあるが、

会話がメインの授業だと話してて楽しいだとか、

話を引き出してくれるといった先生がいいと個人的には思う。

これは人によって相性が違うので、

いいなと思う先生を見つけていただきたい。

ちなみに僕の学校では週に一回、

授業変更可能な日があり、

良いか悪いかは置いといて、

人によっては毎週先生変えてる人もいた。

 

次はフィリピンで一番良かった授業内容について!

 

 – Today’s English – 
chemistry・・・・相性

personally・・・・個人的に




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。