真理を探求する人。この世界に真理は存在するのか。

 

昔の偉人の言葉を検索するのが最近の趣味になりつつあるので、

ちょっと定期的に心に残った言葉を書いていこうと思う。

 

今日はキュリー夫人

 

ポーランド生まれの物理学者、化学者。

女性初のノーベル賞受賞者であり、

かつ物理学賞と化学賞を両方受賞している。

これは現在でも彼女一人しかいないほどの偉業。

人類の発展に大きな影響を与えたキュリー夫人。

 

僕も旅でポーランドにいった時にキュリー夫人の銅像を見た。

国の誇りにもなっている人。

ちなみにポーランドの三大偉人といえば

コペルニクス、ショパン、そしてキュリー夫人。

らしいです。

 

そんなキュリー夫人の言葉

人事に携わる者の代わりは幾らもいますが、

真理に携わる者の代わりは多くはいません

 

女性が教育を受ける必要がないという価値観の時代に、

学者としての地位を築いていった過程は

尋常なものではなかったであろうと想像できる。

そんな彼女の原動力になっていたものは、

人類の為という大きなビジョンがあったからであろう。

 

 – Today’s Language – 
真理・・・・truth




天才は存在しない。努力ができる人が天才になるだけ。

 

最近、

偉人の残した言葉を探すことにはまりつつある。。

 

多くの人の心を動かす名言と呼ばれるものは、

それを発した人にとっては名言でもなんでもなく、

ただの実体験を短い文章に要約しただけなんだろうなと感じる。

でもこの実体験ていう部分がとても大切で、

誰かの受け売りや、又聞きだとその人の魂はその言葉に宿らない。

実際に見て、聞いて触れて、感じた世界にしかない。

だから人の心を動かす大きな力を持つのだろう。

 

今日は野口英世の言葉。

「努力だ、勉強だ、それが天才だ。誰よりも、3倍、4倍、5倍勉強する者、それが天才だ。」

 

努力ができるものが天才になる。

といった言葉。

当たり前のようにいろいろな人が努力が大切だというけど、

野口英世の言葉には重みがある。

小さい頃に左手を火傷し、障害を負いながらも、

ほぼ独学で医者の試験に合格した人。

 

人並みにやることは努力とは呼ばないのかもしれない。

誰よりも努力する。

苦境に立ちながらも功績を残した人たちの言葉には

大きな説得力が生まれる。

 

 – Today’s Language – 
努力・・・・effort